大阪府全志 全7冊(含索引)
井上正雄著
資料収集以来13年の歳月をかけ大正11年刊行された本書は、大阪府全域をその対象とし、各郡市町村の成り立ち、各町・各村など小区域ごとの支配関係や区画の変遷、社寺仏閣・名所旧跡の由来を網羅、地誌類の文献としての価値は非常に高いものである。
〈巻之一〉大阪府管地の分合/大阪府制度の変遷1264頁
〈巻之二〉国郡市町村志(摂津国 大阪市 東区 南区 西区 北区)1314頁
〈巻之三〉国郡市町村志(摂津国 東成郡 西成郡 三島郡 豊能郡)1440頁
〈巻之四〉国郡市町村志(河内国 南河内郡 中河内郡 北河内郡)1568頁
〈巻之五〉国郡市町村志(和泉国 堺市 泉北郡 泉南郡)1088頁
〈附図〉12葉

ISBN4-7924-0277-8     A5判 上製本 各冊本体12,500円
大阪府全志索引
佐古立子・松本冴子編
大正11年刊行され、昭和50年、60年の二回にわたり復刻出版された名著『大阪府全志』は分量・内容とも膨大で初版刊行当時から索引の必要性が望まれてきた。これを受けて、地名と事項からなる索引を刊行し研究者の長年の夢の実現となった。見出し項目は地名・人名・寺社名・歴史的事項など広汎におよび、特に地名については現在の行政区画と容易に連関するよう配慮し、付録として「難読地名一覧」を付した。本篇とともにご利用されたい。
ISBN4-7924-0276-X A5判 上製本 索引のみは本体8000円 全七冊本体83,000円