大坂の世相
岡本良一史論集下巻


岡本良一氏の歴史研究分野のうち上巻のテーマ以外の、“大坂の世相”“維新前夜”“部落史”を中心に編集する。また氏の歴史観・人生観溢れる“随想”14篇と氏の“著作目録”を編成し併せて5章をたてた。第1章大坂の世相には近世大坂の世相を知る「辰巳屋騒動」「僧侶の堕落」など60篇、第2章維新前夜では「天保改革」他2篇、第3章部落史として「道頓堀非人関係文書解題」他4篇を収録した。高い水準の研究成果を読み易く記述することに努めた歴史家岡本良一の真骨頂を具現。


■本書の構成

第1章 大坂の世相
大坂城再建/歌舞伎のはじめのころ/傾城町「新町」の誕生 ほか

第2章 維新前夜
天保改革/深い因縁で描かれた大塩平八郎の実像/明治維新と坂本龍馬

第3章 部落史
道頓堀非人関係文書解題/非人について/勝扇子一件 ほか

第4章 随想
調べたい“米騒動”史/寄席らしい寄席を/大正も遠くなった ほか

第5章 岡本良一著作目録




  岡本良一史論集上巻 秀吉と大坂城



ISBN4-7924-0290-5 (1989.9) A5 判 上製本 400頁 本体5000円
※上記のデータはいずれも本書刊行時のものです。