長崎貿易と大阪

−輸入から創薬へ−

宮下三郎著



村上家文書「薬種荒物寄」の分析をもとに、洋薬・漢薬・顔料・金属の輸入状況の把握とその流通の解明、国産との比較を通じて、日蘭・日中の交渉と日本的文化の創造というテ−マを追究する。また、「輸入薬種荒物一覧」を付し、輸入の全体像も明らかにする。輸入薬種荒物の個別研究と、輸入の窓口・長崎と流通の基点であった大坂道修町との、特殊な相互関係の実情を具体的に示した本書は、科学・技術史、薬学史の分野のみならず、広く近世文化史・経済史の基本文献となる。


■本書の構成

1 一角の輸入
2 竜脳と樟脳
3 木乃伊と没薬
4 甘草と痰切
5 セメンシナからカイニン酸へ
6 麻黄とエフェドリン
7 胡黄連と反魂丹
8 常山とキナ、抗マラリヤ薬
9 阿仙薬と万金丹
10 阿片の輸入
11 人工紺青の模造と輸入
12 釷丹・錫・鉛・炉甘石の輸入
13 唐物荷請問屋
14 薬種貿易文書

輸入薬種荒物一覧



◎宮下三郎(みやした さぶろう)……1930年愛知県に生まれる 京都大学医学部薬学科卒業 京都大学薬学博士 薬品会社をへて現在、関西大学教授(社会学部) (書籍刊行時に掲載のものです)





ISBN4-7924-0431-2

1997.9)

5

上製本

320

本体8800