中世終焉 秀吉の太田城水攻めを考える
和歌山大学フィールドミュージアム叢書1
海津一朗編


天正13年(1585)4月22日、羽柴秀吉の太田侵攻により、中世最強最後の紀州惣国一揆が滅亡します。謎に包まれた太田城水攻めについて、各界の研究者が議論し、その真相に迫ります。また、豊かな地域文化を育むフィールドミュージアムとしての太田地域の可能性も追求します。




本書の構成

  「秀吉の平和」と現代―フィールドミュージアム雑賀惣国にようこそ―…海津一朗 

考察編 太田城水攻めの真相を探る

  太田城水攻めの歴史学的考察…弓倉弘年
  考古学からみた太田城跡… 北野隆亮
  「太田城水攻め」の土木技術面からの検討…宇民 正
  水攻め堤防の安定性の検討…軽部大蔵
  地形学・歴史地理学からみた太田城水攻め…額田雅裕 
  コラム●刀狩令が太田攻めで発令されたことの意義…海津一朗

史料編 一五八五年雑賀太田攻め関係史料集
  古文書/古記録/編纂物
  文献史料にみる雑賀太田水攻めについて…海津一朗

史跡編 失われた中世をもとめての時空散歩
  太田水攻め関係史跡 ほか




 和歌山大学フィールドミュージアム叢書2
 和歌山大学 紀州経済史文化史研究所編 和歌浦天満宮の世界


 和歌山大学フィールドミュージアム叢書3
 和歌の浦 その原像を求めて



ISBN978-4-7924-0652-3 C0021 (2008.5) 四六判 並製本 232頁 本体1900円
※上記のデータはいずれも本書刊行時のものです。