大阪遺産
藪田 貫著



オーストリアの古都グラーツでの「豊臣大坂図屏風」の発見に立ち会い、小学校と連携してなにわ伝統野菜の復元に取組み、ヨーロッパの都市と大学をヒントに、大阪の大学・図書館・博物館を都市遺産として捉えることを提唱、さらに芝居町道頓堀をコンピューターグラフィックスで復元し、NHK「ブラタモリ」にも出演するなど、著者が関西大学を拠点に、大阪の文化遺産に取り組んできた10年間の交流の軌跡を綴る。



■本書の構成


口絵

序 大阪遺産への思い
  都市と大阪遺産―なにわ・大阪の文化遺産と都市再生―

Ⅰ 「町人の都」と「武士の町」
  大坂の武士の営みを伝えたい/「政事」と「文事」―武士たちの大坂―/江戸時代の大坂の位置づけをめぐって―幸田成友・宮本又次と『浪速叢書』―

Ⅱ 大阪の学問所
  泊園書院と初代院主藤澤東畡―大阪と高松を結ぶ―/藤澤東畡先生のことを君たちに伝える/懐徳堂と泊園書院―私塾が果たした役割と大学―

Ⅲ 大阪の都市遺産
  大阪の文化力/大阪都市遺産と道頓堀―大阪の劇場大工・中村儀右衛門資料の紹介を兼ねて―/山田伸吉と松竹座―肥田晧三氏に聞く―/明日の図書館・明日の大阪

Ⅳ 近郊の文化遺産
  平野屋新田会所跡の語るもの―その意義と課題―/「古くてモダンな家」―吉村家の人びとをめぐる交流―/楠木氏伝承地とは何か―桜井駅跡を中心に―

Ⅴ 大阪を離れて
  天草で〈周縁〉を考える―フィールドワークの余韻―/徳島の遺産・地域の力―史跡・文化財と歴史資料―/近世日本における儒教と儒葬墓について―徳島藩蜂須賀家の万年山儒葬墓を中心に―

Ⅵ ヨーロッパで考える
  「都市民」になるということ―半年のルーヴェン暮らし―/「屏風」とヨーロッパ―グラーツ・ローマ・エヴォラ・ライデン―/EUと日本―都市と大学―

  あとがき



  ◎藪田 貫
(やぶた ゆたか)……1948年、大阪府松原市生まれ 関西大学名誉教授 兵庫県立歴史博物館長 文学博士(大阪大学 1992年)




ISBN978-4-7924-1467-2 C0021 (2020.7) 四六判 上製本 口絵4頁・本文360頁 本体3,200円
   『大阪遺産』によせて ―「文化遺産」は人である―
  藪田 貫  
 わたしが生まれた頃の南大阪は、純農村でした。周囲の田畑が暮らしの場であり、遊び場でもありました。小学校に入り、子供の足で徒歩二〇分ほどの学校に通ったのですが、中学・高校と進学するたびに少しでも生家から離れた学校を選びました。無意識に都会志向が育っていたのです。その結句、二〇歳を前にして大阪大学に入りましたが、通学する学舎が大阪市内でなく豊中にあることに愕然としました。ところが、入学して一年後に「大学紛争」が起き、中之島にある医学部や理学部に行く機会が生まれたことで、そこが、思い描いていた大阪大学だと知ったのです。わたしにとっては、豊中ではなく大阪市内にあってこそ大阪大学であったのです。そして中之島図書館に通うことで、卒業論文を書き上げました。

 卒業論文のテーマは、農村でした。最初の調査は、通学した中学校のすぐ傍にある羽曳野市の吉村家。戦前には国宝に指定され、戦後、重要文化財に再指定された大阪を代表する旧家です。その後も農村研究を続けましたが、それを通じて多くの実りを得ました。単著を出し、学位を得、さらに地域史や女性史、武士へと研究テーマの広がりもありました。しかし都会志向が、研究テーマに繋がることはありませんでした。

 ところが一九九五年秋、ベルギーのカトリック・ルーヴェン大学に滞在することで変化が生じました。ウイリー・ファンデバレ教授というパートナーを得ることで、大学都市ルーヴェン行きが癖になり、生まれた変化は助長されました。渡航回数を重ねることでわたしの体内に、「大学と都市」という関心が生まれたのです。少年期の都会志向が、異郷の地ルーヴェンを経由することでわたしの学術的な関心となったのです。そこから「大阪遺産」に向けての離陸は、ほんのわずかの飛躍で充分でした。

 二〇〇五年四月、関西大学なにわ・大阪文化遺産学研究センターがスタートし、都市遺産研究センターと継承されることで、退職までの一〇年間、「大阪」と「文化遺産」に取り組みました。その間に出会った人々の多士済々振りには、驚きを禁じ得ません。「文化遺産」の旗を掲げ、よくぞ大学の外に出たものだ、と何度思ったことでしょうか。文化遺産は〈人〉である―が、信念になりました。たくさんの人の思い出がいま、去来します。

 『大阪遺産』は、歴史研究者としてのわたしの思索の跡でもありますが、同時に、「文化遺産」を通じた交友の記録でもあります。
※所属・肩書き等は、本書刊行時のものです。