アジア都市文化学の可能性
大阪市立大学文学研究科叢書第1巻
大阪市立大学大学院文学研究科アジア都市文化学教室編
橋爪紳也 責任編集
昨年開催された国際学術シンポジウムをもとに、都市論の新しい可能性をさぐるべく 注目の研究者が気鋭の論考をよせる。また、都市の未来像を提案する「水都再生建築展図録・AQUATECTURE in AQUAPOLIS」を収録するなど編集にも工夫がこらさ れている。


大阪市立大学文学研究科叢書
第2巻 都市の異文化交流

第3巻 井上徹 塚田孝編・東アジア近世都市における社会的結合

第4巻 近代大阪と都市文化

第5巻 都市文化理論の構築に向けて

第6巻 文化遺産と都市文化政策

第7巻 都市の歴史的形成と文化創造力

第8巻 塚田 孝・佐賀 朝・八木 滋編 近世身分社会の比較史

第9巻 井上 徹・仁木 宏・松浦恆雄編 東アジアの都市構造と集団性

ISBN4-7924-0535-1 (2003.3) A5 判 上製本 330頁 本体7500円
■本書の構成
1 アジア都市文化学の可能性
アジア都市文化学の可能性 山野正彦(大阪市立大学大学院文学研究科教授)
マレー世界における植民地的知と都市性:社会的空間としての「マレー」にかんする認識論的考察 シャムスル・アムリ・バハルディン(マレーシア国民大学教授,マレー世界・文明研究所所長)/多和田裕司(大阪市立大学大学院文学研究科助教授)訳
観光ビッグバンとアジアの都市観光 石森秀三(国立民族学博物館民族社会研究部長,教授)
インドネシアのパフォーミング・アーツに対する観光のインパクト R・M・スダルソノ(ガジャマダ大学文化科学部教授)/岡部政美(大阪市立大学大学院文学研究科前期博士課程)訳

2 アジア都市社会における文化の再編と生成
ポストコロニアル都市の悲情――台北の日本語文芸活動について 黄 智慧(台湾 中央研究院民族学研究所)
ハノイ――千年の都における観光の可能性 住村欣範(大阪外国語大学外国語学部専任講師)

3 アジア都市文化学の展開
アジアの都市空間を読む――東京,北京,江南,バンコク,バリ 高村雅彦(法政大学工学部建築学科専任講師)
東アジアにおける都市空間構造分析と都市文化研究の可能性――『図説「満洲」都市物語』の世界 西澤泰彦(名古屋大学環境学研究科助教授)
アジアにおける近代性への接近――ベトナムにおける高原リゾート都市研究を通して 大橋健一(立教大学観光学部助教授)
都市における文化遺産のマネジメント 西山徳明(九州芸術工科大学助教授)

4 アジア都市との文化交流
明清時代における中日韓の文化交流――北京を舞台に 王 青(中国社会科学院哲学研究所副研究員)
ソウルの近世都市文化――「賜暇読書制」を通じてみた朝鮮時代知識人文化の一端 崔 在穆(韓国 嶺南大学校人文学部教授)
近世大坂の都市社会と文化 塚田 孝(大阪市立大学大学院文学研究科教授)
近世の語り物 京都から大坂へ ユタ・ハウサー(ミュンヘン大学助教授)

第10回大阪市立大学国際学術シンポジウム関連企画「水都再生建築展」
AQUATECTURE in AQUAPOLIS−水の建築・水の都市−

『大阪市立大学文学研究科叢書』刊行の辞
 21世紀を迎えて大阪市立大学文学研究科は大きく飛躍しつつある。
 昨2001年4月に、従来の12専攻を再編した哲学歴史学・人間行動学・言語文化学の広領域の3専攻と、まったく新しい分野であるアジア都市文化学専攻の、計4専攻からなる新文学研究科が誕生した。本年10月には、文部科学省の「21世紀COEプログラム」において、世界最高水準の研究拠点に選定された。COE研究拠点「都市文化研究センター」は、海外のサブセンターも含めて、すでに活発な研究を展開しはじめている。さらに、来る2003年には文学部・文学研究科の創立50周年を迎え、さまざまな記念事業が行なわれようとしている。
 文学研究科は50年の歴史のなかで、研究・教育の両面において大きな実績を上げてきた。新たな世紀とともにさらなる飛躍を遂げようとするにあたって、文学研究科の研究・教育の成果を、学界はもちろん社会に広く伝えることが必要である。それは大学が果たすべきもっとも重要な社会的責務であろう。この責務に応えるべく『大阪市立大学文学研究科叢書』は刊行される。
 『大阪市立大学文学研究科叢書』として刊行されるのは以下のようなものである。
 1、文学研究科教員・卒業生・大学院学生の研究業績のうち、とくに学術的価値の高いもの
 2、「都市文化研究センター」(COE研究拠点)においてまとめられた研究業績
 3、文学研究科が主催した国際研究会・シンポジウム等の成果
 4、その他、文学研究科における研究業績のうち、広く社会に公表する意義のあるもの
 『大阪市立大学文学研究科叢書』は、文学研究科の研究・教育の成果を、日本はもちろん全世界へ向けて発信するものである。本叢書の刊行が、人文・社会科学の発展に寄与するとともに、人類のよりよい未来に向けて貢献することを、私たちはめざしている。
 読者諸賢におかれても、『大阪市立大学文学研究科叢書』のめざすところに、暖かい御理解と全面的な御支援をお願いしたい。私たちもまた、所期の目的を果たすべく、文学研究科の総力をあげて取り組む決意である。
                 2002年12月
                        大阪市立大学大学院文学研究科長 阪口弘之
※所属・肩書き等は、本書刊行時のものです。